第8回 生理と片頭痛の関係

生理と頭痛の関係性

第8回 生理と片頭痛の関係

監修:医療法人社団温和会 間中病院 院長 間中 信也 先生

女性の片頭痛はホルモン(特にエストロゲン)が大きく関係しており、ホルモンバランスの急激な変動が起こる排卵期や月経初日前後で片頭痛が起きやすくなります。
また、このような月経時片頭痛は症状が長く続くとされています。

こんな症状はありませんか?

    1. 月経中に腹痛・腰痛もあるが特に頭痛がひどい
    2. こめかみを中心にズキンズキン痛む
    3. 市販の鎮痛薬を服用しているがあまり効果がない
  • その頭痛は「片頭痛」かもしれません!

コラム

片頭痛患者は気象予報士?

医療法人社団温和会
間中病院 院長
間中 信也 先生

片頭痛の誘発因子にはストレスや睡眠不足などがありますが、天候の変化もそのひとつです。
暑さ、寒さ、梅雨、低気圧などで片頭痛を起こすことがあり、実際に雨の前には頭痛が起こりやすいという患者さんも多いのではないでしょうか。
昔、「そろそろ嵐が来るから収穫を急ごう」などと言っていたのは、片頭痛の患者さんだったのかもしれませんね。

生理と頭痛の関係が分かる!シリーズ
ページトップ
ずつうワンポイント まずは安心して相談できるお医者さんを探しましょう。

頭痛のお悩みは、お医者さんに相談!

頭痛で病院なんて大げさ...。そんなふうに考えて、つらい頭痛と長い間つきあい続けていませんか?頭痛も、原因のある病気のひとつ。お医者さんに相談することで、適切な治療を行うことができるんです。

頭痛診療に力をいれている病医院があります。

あなたの街の頭痛診療に力を入れている医療機関をご案内しています。お近くの病医院を検索チェック!

どこでも買える市販薬と病院で処方される薬は違います。

病院で処方される薬には、鎮痛薬の他に、頭痛を起こりにくくする予防薬や片頭痛専門の治療薬があります。市販薬には鎮痛薬しかありません。

病医院の検索はこちら

相談のしかたを、お医者さんに聞いてみよう!

頭痛について、失敗しないお医者さんへの相談のしかたを聞いてみました。

詳しくはこちら
ページトップ