第4回 片頭痛は女性の方が多い

生理と頭痛の関係性

第4回 片頭痛は女性の方が多い

監修:医療法人社団温和会 間中病院 院長 間中 信也 先生

片頭痛の性差に関する疫学的知見では、有病率は女性の方が高く20~40代の女性によく起こります。さらに、頭痛持続時間は女性の方が長い、再発率は女性の方が高い、などが報告されています。
女性の片頭痛発作は、排卵期や月経初日前後など、エストロゲンが急激に減少する時期に多い傾向がみられています。

こんな症状はありませんか?

    1. 生理の2、3日前から痛みがだらだらと続く
    2. 同じ頭痛でも男性よりひどい気がする
    3. 生理前後の頭痛に、市販の頭痛薬が効かない
  • あなたの頭痛は「月経」に関連した片頭痛かもしれません!

コラム

休みの日に限って頭痛が起こる理由は?

医療法人社団温和会
間中病院 院長
間中 信也 先生

どうしても休めない仕事があるときに、片頭痛発作が起こると困りますよね。片頭痛患者さんは大切な会議や、試験があるときなど、重要な機会に片頭痛発作が起こるのではと不安な気持ちを抱えています。しかし、このように緊張感が続いている場合は、交感神経機能が亢進状態となり、血管が収縮して片頭痛が起こりにくくなります。その代わり、ストレスから解放された土日に片頭痛が起こって旅行が台無しになったという経験をした患者さんの話を良く耳にします。ストレスで症状が軽くなるなんて、なんだか不思議な話ですね。

生理と頭痛の関係が分かる!シリーズ
ページトップ
ずつうワンポイント まずは安心して相談できるお医者さんを探しましょう。

頭痛のお悩みは、お医者さんに相談!

頭痛で病院なんて大げさ...。そんなふうに考えて、つらい頭痛と長い間つきあい続けていませんか?頭痛も、原因のある病気のひとつ。お医者さんに相談することで、適切な治療を行うことができるんです。

頭痛診療に力をいれている病医院があります。

あなたの街の頭痛診療に力を入れている医療機関をご案内しています。お近くの病医院を検索チェック!

どこでも買える市販薬と病院で処方される薬は違います。

病院で処方される薬には、鎮痛薬の他に、頭痛を起こりにくくする予防薬や片頭痛専門の治療薬があります。市販薬には鎮痛薬しかありません。

病医院の検索はこちら

相談のしかたを、お医者さんに聞いてみよう!

頭痛について、失敗しないお医者さんへの相談のしかたを聞いてみました。

詳しくはこちら
ページトップ