生理と頭痛の理解を深めるセミナーQ&A

生理と頭痛の関係性

生理と頭痛の理解を深めるセミナーQ&A

五十嵐 久佳 先生に『意外と知らない生理と頭痛の関係』をテーマに、片頭痛(偏頭痛)に関するウェブセミナーを開催しました。ウェブセミナーに寄せられた質問に対する、五十嵐先生からの回答と全体コメントを掲載しました。

詳しく教えてください!

頭痛もひどい時は、生理痛の薬がよく効くので飲んでいます。
やっぱり受診して、ちゃんと処方してもらった薬を飲み続ける方が良いのでしょうか^^;
(from:えぃちゃんさん )
先生からの回答はこちら
月経中におなかの痛みも頭痛もある、ということでしょうか?どちらの痛みも市販の鎮痛薬がよく効いて、頭痛も月経中だけ、というのであれば、特に受診の必要はないと思います。
わたしが日頃頭痛に関して気になっていることは、カフェインとの因果関係です。
以前何かで読んだのですが、カフェインは血管を収縮させるので、血管の膨張によって起こる片頭痛のときにカフェインを摂ると痛みが和らぐ…とか。
カフェインといえば珈琲ですが、わたしは珈琲を飲むと逆に頭が痛くなることもあるので、実際のところどうなのかなぁと気になっています。摂取するタイミングとかも重要なのでしょうか。
(from:ミュナさん)
先生からの回答はこちら
カフェインは医薬品として使われている成分でもあり、片頭痛を緩和する作用があります。片頭痛が始まりそうだな、というときにコーヒーを飲んで頭痛が良くなる人もいますが、コーヒーを何杯も飲むと片頭痛の前兆が起こるという人もいて、一概には言えません。ただ、カフェインのとり過ぎはかえって頭痛の原因になることもあります。カフェインの過剰摂取になっている人は、体内のカフェインがなくなったり減少することによって、カフェイン離脱性の頭痛が起こることがありますので、注意が必要です。
私は生理と頭痛はあまり関係ないですね。他の方のコメにもありましたが、天気や湿度・休日・勤務中疲れたとき・飲み会や遊んでいる時など場面に関係なく起こります。朝起きて頭痛もよくあります。ただ前駆症状が必ずあるので、悪化する前にトリプタン製剤を内服して対応しています。タイミングを逃すと全く効果なしですw
なぜ場面に関係なく起こるのか?薬を内服するタイミングが悪いと効果がないのか?
この2点が気になっています。
(from:とりっこさん)
先生からの回答はこちら
"場面に関係なく起こる"とありますが、天気、湿度、休日、疲れたとき、飲み会、といろいろな場面に関係して片頭痛が起こっていますね。片頭痛の引き金はとりっこさんのように様々で、それらが重なって片頭痛が起こることが多いものです。天気は自分の力ではどうすることもできませんが、休日ほっとしたときに頭痛が起こったり、疲れたときに起こるようなら、普段から仕事量を上手に 調整することも片頭痛を減らすことになります。1ヵ月に10日以上頭痛が起こるようなら片頭痛の予防薬を服用して頭痛を減らす、という治療法もあります。
2つめのトリプタンを飲むタイミングはとても重要です。とりっこさんは前駆症状(予兆・前兆と言います)があるようですので、前駆症状がきて頭が痛いなと思った時点でトリプタン製剤を服用しましょう。ただ、朝起きて頭痛が起こっている場合は、トリプタン製剤の錠剤では効き目が悪くなります。トリプタン製剤には朝起きた時にすでに生じている片頭痛にも適した速効性のある剤形があります。また、タイミングが遅くなったときにはトリプタンと鎮痛薬を同時に服用すると効果が見られることもあります。医療機関を受診なさり、担当医に相談なさるとよいでしょう。
ページトップ

頭痛の対処法を教えてください!

私の場合…
生理前のPMS(片頭痛)を軽減するために低用量ピルを服用していましたが、
生理の終わり間際(休薬5日目頃)に片頭痛が起きるようになりました…。
薬切れ(笑、ホルモン量の低下)で頭痛が起きるらしいですが…
対処法教えていただけるとうれしいですm(_ _)m
(from: **croissant**さん )
先生からの回答はこちら
月経数日前や月経中に起こる片頭痛(月経時片頭痛)の治療として、エストロゲンを補充する方法があります。しかし、エストロゲンの補充をやめた時点で片頭痛が起こることが多いので、結局、片頭痛の起こる時期を後へずらすだけのこともあります。"生理前のPMS(片頭痛)"とありますが、もし月経前の症状が片頭痛だけだとすれば、それはPMSというより、"月経前に片頭痛が誘発されている"ということです。いつでも月経前に片頭痛が起こるようであれば、片頭痛の治療に詳しい医師に相談なさることをお勧めします。
頭痛クリニックに通ってもう8年位経ちます。
先生に片頭痛はホルモンと関係しているから閉経後は軽くなってくるだろうけどそれまではうまく付き合うしかないよ、って言われています。
頭痛のタイミングは生理の前や後、時には排卵日前後。
それ以外でも時々あり私の場合は一貫性がないような気がします。
ひどい時は吐いてしまい、耐えがたいほどの眠気に襲われ半日以上寝てしまうことも・・・。
いつどこで起こるかわからない頭痛が恐怖で薬を絶対切らさないよう持っています。
予防方法があれば楽なのになぁって思います。
(from:てんてんさん)
先生からの回答はこちら
てんてんさんは月経関連片頭痛(月経時にもその他の時期にも頭痛が起こる)と考えられます。
月経関連片頭痛のかたは、1ヵ月の頭痛日数が多くなるため、予防薬を飲んでいただいたほうがよい場合が多いものです。8年間頭痛クリニックに通っていらっしゃるということはすでに予防薬を処方していただいているかもしれませんね。もし、今、数ヶ月以上同じ予防薬を使っているのに頭痛が減らないようなら、担当医の先生にご相談なさって、予防薬を変えていただくのがよいと思います。また、吐いてしまうことがあるとのことですので、ひどい発作に備えて、トリプタンの注射薬を処方してもらうと、いざというときに役に立つと思います。片頭痛をお持ちの患者さんは"いつどこであのひどい頭痛が起こるか不安で、お友達に誘われても旅行へもいけない"とおっしゃる方も大変多いのですが、予防薬で頭痛が起こりにくくなり、痛いときにも確実に効果のある薬があると、不安から解放されますよ。
子どもを産んでから生理痛がひどくなりました。
それはおいといて生理が終わってから5日目以降の片頭痛がはげしいです。
なんで5日頃からなんでしょう?
対策はないでしょうか?
これから夏はエアコンも追加されるので余計頭痛が増えます。・゚・(ノД`)・゚・。
(fromぱんにゃさん)
先生からの回答はこちら
一般的には月経数日前から月経中に片頭痛が起こることが多いのですが、患者さんの頭痛ダイアリーをみると月経後半から月経終了後に頭痛が起こる人もいます。また排卵日周辺に多い人もいます。ぱんにゃさんは排卵日周辺に片頭痛が起こっている可能性がありますね。女性ホルモンのバランスの変化や、脳内の痛みを引き起こす物質が複雑に働いて片頭痛が起こってくると考えられます。また、片頭痛は、寒暖の差が激しいと誘発されます。ですから、お部屋を冷やしすぎないことも片頭痛の予防に効果があります。会社などでエアコンがききすぎている(今年は節電でそういう会社は少ないでしょうか)ようであれば、スカーフ、ひざ掛けなどの自衛策も必要です。
ひどい片頭痛でお困りであれば、是非受診なさってください。
私の場合、頭痛と生理は関係ないのかな~とも思いますが…生理痛には本当に悩まされています;頭痛は常にあるのですが、急に酷くなったり、痛む場所や痛み方が変わったりして、どの薬も全く効きません…なので、薬以外での対処法といいますか…これをしたら楽になるみたいなことを教えていただけたら嬉しいです。
(from:ゆうかりさん)
先生からの回答はこちら
頭痛体操をお勧めします。頭を支えている首のまわりの筋肉は疲労がたまり硬くなります。これは頭痛の原因の一つになります。頭痛体操では、頭と首を支えている筋肉(インナーマッスル)をストレッチします。筋肉のこりや疲れをとり、頭痛を和らげることができます。また、定期的なリズム運動はセロトニン神経を鍛える作用があると考えられますので、そのことからも頭痛予防効果が期待されます。詳しくはインターネットでも紹介されていますので、検索してみて下さいね。
(リンク紹介:http://zutsu.jp/healthcare/hospital_choice/choice02.html#choice4)
今47歳なんですね。
現在頭痛外来に通院しているのですが、先生曰く、閉経を迎えると片頭痛はなくなるんだよとおっしゃるんです。
ほんまかいな?と思っているのですがどうなんでしょう?
(from:ひろりんさん)
先生からの回答はこちら
片頭痛は閉経後には3分の2の人はよくなる、といわれています。ということは3分の1の人はよくならない、ということですよね。また更年期にはホルモンのバランスが崩れたり、家庭生活、社会生活で転帰が訪れることも重なって、一時的に頭痛が増えたり、悪くなる人もいます。
私は必ずしも生理痛と頭痛が連動するタイプではありませんが…
生理期間中、肩凝りがやけに酷くなる為…
肩凝りからくる緊張性頭痛には悩まされます(>_<)
たまに脳神経外科で診て頂くと、いつも肩甲骨~首の筋肉が緊張しているらしく、これじゃいつ頭痛が起きてもおかしくないよね~と言われていますf(^^;
効果的な解消法をいつも模索していますが…
何かオススメがあれば教えて頂きたいです。
(from:saasaさん)
先生からの回答はこちら
肩こりだけで片頭痛か緊張型頭痛かの鑑別はできません。なぜなら片頭痛の人の多くは肩や頸のこりや痛みを伴うからです。頭痛がするときにじっとしているほうが楽だったり、光や音が気になるようであれば片頭痛の可能性が高いです。緊張型頭痛であれば、動くとむしろ楽になることが多いので、肩が凝り始めたら頭痛体操をなさるようお薦めします。
ページトップ

市販の鎮痛薬を飲んでいるのですが・・・

今日は頭痛で早退です。
私の場合は混合型なので、対処に悩むことがあります。時にはどちらの症状も出たりして・・・。
基本的には市販の鎮痛薬対処ですが、効かないことも当然あります。
そのへんのことを教えて頂いたら嬉しいと思います。
よろしくお願い致します。
(from:素直さん)
先生からの回答はこちら
片頭痛と緊張型頭痛を併せ持つ方は多いのですが、早退するほどの頭痛であれば、片頭痛と考えられます。片頭痛発作の初期段階は緊張型頭痛と区別がつきにくいことが多いものです。
じっとしているほうが楽だ、光・音がわずらわしい、吐きけがする、などの症状があれば、締め付けられるような痛みでも肩こりがあっても、片頭痛です。まず、頭痛ダイアリーを付けてみて、ご自分の頭痛をしっかり観察してみてください。もし片頭痛の要素が強ければ、トリプタンを早めに服用なさるほうが効果があると思います。また、頭痛日数が多いようであれば、一定期間(3-6ヵ月)予防薬を服用する方法もあります。予防薬を服用することで頭痛が減ってきて、片頭痛と緊張型頭痛の区別がはっきりしてきて、鎮痛薬やトリプタンを使うタイミングがわかってくる人も多くいます。
たいがい生理の前日、まるで合図のように頭痛が来ます。
いつも左側だけで、目の奥から始まってこめかみ、奥歯がウズウズ、肩がパンパンで痛い、吐きそう!頭の左半分取り外したいーー!とのたうちまわってます。
市販の鎮痛剤じゃ4回くらい飲まないとダメ
トリプタン製剤の薬は貰いに行くのも常用するのも大変
とにかく数日アイス枕に頭埋めて耐えてるしかありません
薬以外で少しでも楽になれる方法があれば教えて頂きたいです。
(from:ちゃかぽんさん)
先生からの回答はこちら
トリプタン製剤は効果はありますか?効果があるのであれば、頭痛のないときに受診なさって、トリプタン製剤を処方してもらい、月経前の頭痛に備えてください。トリプタン製剤が効かない場合は、飲むタイミングが合っていない可能性もありますので、片頭痛が起こったら、すぐに服用して下さい。それでも効果がない、という人はトリプタン製剤と鎮痛薬を同時に飲む、という方法もあります。薬の使い方について、主治医の先生とよくご相談なさることをお勧めします。
月経に関連して起こる片頭痛は、他の時期に起こる片頭痛と比べて痛みが強く、持続も長い傾向がありますので、薬以外で痛みを治すことはなかなか難しいと考えます。ただ、日ごろから、月経のときは無理をしない、定期的な運動をする、適正な睡眠をとる、片頭痛予防効果の成るビタミンB2やマグネシウムの含まれた大豆製品をよく摂る、などの日常生活の改善により、片頭痛が起こりにくくなる可能性はあります。大豆製品はイソフラボンが含まれているので、月経時の片頭痛の予防としてもよいかもしれません。
遡ると私も若い頃、生理前に頭痛がしてました。
その頃は、そういう体質なのだと痛み止めで対処してました。
持病が出て来たころから、3日間の頭痛が・・・。
更年期真っ只中の数年前から、急に右目だけの眼痛も伴うように。
耳鼻科に行くと、「片頭痛」との診断で「トリプタン製剤」を処方して頂いたら、辛かった片頭痛も楽になりました。
昨年だったか、風邪症状もあって「市販の鎮痛薬」を飲むと、眼痛も軽くなり、それ以来、軽い片頭痛(眼痛)には市販の鎮痛薬で対処してます。
生理は上がってるので、もう関係ないですが、酸素不足でも片頭痛になるのかな~と、感じてるのですが、そのあたりをお聞きしてみたいです。
(from:みとりんさん)
先生からの回答はこちら
頭痛が月に多くても4-5回で、市販の鎮痛薬を飲んで、1-2時間で頭痛がよくなり、日常生活に支障がないようであれば、特に問題はないと思います。ただ、もし片頭痛のときにいわゆる"総合感冒薬"で対処するのはおすすめできません。なぜなら、総合感冒薬には鎮痛薬以外に、いろいろな種類の成分が含まれているからです。普通に暮らしていて、酸素不足で片頭痛になることはあまりないと考えられますが、もともと片頭痛持ちのひとが標高の高い山に登ったときなどには片頭痛になる可能性は高いです。
私は、小さい頃から片頭痛持ちで、台風や気圧の急激な変化に特に弱く、後は寝不足や人混みTDLなど行こう物なら鎮痛剤持参でないと怖くては行けません。ですが先日、胃、十二指腸に潰瘍があり、小腸にもありそうな気配で、入院をしていました。ストレスと共に鎮痛剤が原因かもと言われ、今後、頭痛と潰瘍と鎮痛剤との上手な付き合いをしなくてはなりません。気になるのは高一の娘で、小学校頃に初潮を迎え、それから生理痛と頭痛をおこしそのたびに、医師から頂いた鎮痛剤や私が常用している、鎮痛剤を服用していますが、今後の事が心配です。
情報があったら教えて頂きたいだす。
(from:Lotusさん )
先生からの回答はこちら
市販の頭痛薬は使用頻度が月に10日以上になると、注意が必要ですし、10日以下でも胃十二指腸潰瘍がある場合は、鎮痛薬を制限する必要が出てきます。お嬢様ともども頭痛に詳しい医師を受診なさることをお勧め致します。ずつう.jpで頭痛の治療を受けられる施設を検索なさってはいかがでしょうか?(リンク紹介;http://zutsu.jp/healthcare/clinic/)
ページトップ

生理と関連して頭痛が悪化するんです。

生理の後半になると決まって片頭痛が始まります。
子宮内膜症治療のためピルを服用しています。
朝の起床時にすでに痛みが強くなっているため、枕元に置いてあるトリプタン製剤を飲んでも手遅れなこともしばしばです><
痛みがどんどん増すし、目の奥がえぐられるようだし、吐き気や嘔吐に襲われながら、3~4日ただただ苦痛と闘っている状況です。本当に泣きたくなります。。。
緊張型頭痛も併せ持っているのですが、こちらのほうは市販薬やマッサージ等で対処できる軽度のものです。
お医者様にお聞きしたいのは、ホルモンの働きと片頭痛との因果関係ですかね~。
なぜ片頭痛が起こってしまうのか、そのメカニズムを知りたいです。
そしてもちろん対策も!薬に頼らずに痛みを取り除ける方法があればぜひ教えてほしいです。
(from:*リュリュ*さん)
先生からの回答はこちら
片頭痛発作と女性ホルモンには密接な関連があると考えられています。女性の片頭痛持ちのかたの約半数は、ご自分の頭痛が月経と関連して起こる、という自覚をお持ちです。また、実際に片頭痛と月経周期の関連をみてみると、月経数日前から月経中と排卵日周辺に片頭痛が起こりやすいことがわかります。この時期は女性ホルモンのうちの、エストロゲンの血中濃度が下がる時期に一致していることから、エストロゲンの変動が片頭痛を引き起こす強力な因子として働くと考えられています。
片頭痛のメカニズムは明確に解明されてはいませんが、もともと遺伝的に片頭痛になりやすい人がいて、そこに女性ホルモンのバランスの変化や、低気圧など、何らかの刺激が加わると、頭の血管を取り巻く三叉神経から神経伝達物質が放出され、頭の血管が拡張し、その刺激が脳に伝わって頭痛が起こると考えられています。月経に関連して起こる片頭痛は他の時期に起こる片頭痛と比べて強い痛みが長引く傾向があるので、薬を使わないで痛みを取り除くのはなかなか難しいと思いますが、片頭痛の予防効果があると考えられているビタミンB2やマグネシウムを多く含む大豆製品をよく食べたり、日頃から頭痛体操をなさると効果がでる可能性があります。頭痛体操は、筋肉のこりや疲れをとり、頭痛を和らげることができますので、一度検索してみて下さい。
(リンク紹介;http://zutsu.jp/healthcare/hospital_choice/choice02.html#choice4)
また、月経中はあまり無理をしない、ということも重要です。
私も生理周期に合わせて良くなったり悪くなったりします。さらに、天気・湿度にも左右されます。
今のところ対策は予防薬を朝晩2錠ずつ使って、ダメなら医療用医薬品のNSAIDsとトリプタン製剤です。他にどんな対策がありますか?
(from:melonさん)
先生からの回答はこちら
melonさんはすでにきちんと頭痛専門医の治療を受けていらっしゃるようですね。もし、今の予防薬を使っていても頭痛日数が1ヵ月に10日以上であれば、予防薬を変えていただくのも一つの方法です。定期的な運動は片頭痛予防効果があるといわれていますので、頭痛体操もお勧めです。
もともと、幼い頃から頻繁に頭痛・頭重感を感じていて、そのおかげでかえって最近は痛みに鈍くなっているのですが(^^;)生理中・生理前は全身状態の不調とともに、頭痛も悪化するように思います。
さすがにこのまま社会人になるのは不安なので、そろそろ病院に行かねば、とは思うのですが、お薬をもらった場合、やはりずっと飲み続けなければならなくなるのでしょうね…(;◇;)
それを思うとなんだか憂鬱です。。
余談ですが、前述した通り幼い頃から頭痛のある状態が普通でしたので、つい先日まで、周りの人もみんな常に頭が痛いのだと思い込んでいました…笑
頭痛もここまでになるといっそ楽なのかもしれません。
生理の時だけ異常に痛くなる、という方の不安と苦悩を思って、しょんぼりしてしまいました(´・ω・`)
(from:にゃこにゃんさん )
先生からの回答はこちら
もっと詳しくお話をおききしないとわかりませんが、にゃこにゃんさんは片頭痛と緊張型頭痛を併せ持つタイプかもしれませんね。そして、月経前から月経中には片頭痛が起こっているのかもしれません。まず、にゃこにゃんさんの頭痛がどのようなタイプかを見極めることが治療の第一歩となります。頭痛が多い場合は予防薬が必要になることが多いのですが、一生飲み続けるわけではありません。何が毎日の頭痛を起こしているのかを見つけて、生活改善をはかることも重要です。
予防薬は頭痛が減ってくれば減量して中止することは充分可能です。是非お近くの頭痛専門医を受診なさってください。患者さんの中には、にゃこにゃんさんと同じように、子供の頃から頭痛があるのがあたりまえで、治療後頭痛が減って、頭痛のない人生がこんなに楽だということを初めて知った、という方もいらっしゃいますよ。
生理と頭痛の理解を深めるセミナー
ページトップ
ずつうワンポイント まずは安心して相談できるお医者さんを探しましょう。

頭痛のお悩みは、お医者さんに相談!

頭痛で病院なんて大げさ...。そんなふうに考えて、つらい頭痛と長い間つきあい続けていませんか?頭痛も、原因のある病気のひとつ。お医者さんに相談することで、適切な治療を行うことができるんです。

頭痛診療に力をいれている病医院があります。

あなたの街の頭痛診療に力を入れている医療機関をご案内しています。お近くの病医院を検索チェック!

どこでも買える市販薬と病院で処方される薬は違います。

病院で処方される薬には、鎮痛薬の他に、頭痛を起こりにくくする予防薬や片頭痛専門の治療薬があります。市販薬には鎮痛薬しかありません。

病医院の検索はこちら

相談のしかたを、お医者さんに聞いてみよう!

頭痛について、失敗しないお医者さんへの相談のしかたを聞いてみました。

詳しくはこちら
ページトップ