第2回 英国における女性片頭痛の現状

生理と頭痛の関係性

第2回 英国における女性片頭痛の現状

  • アン・マクレガー先生 ロンドン大学名誉教授

片頭痛をもっている人の割合は、英国も日本もほぼ同じくらい多いことが分かっています。特に20~40代の女性に多く月経に関連しているのですが、患者さんたちが頭痛を重大な問題だと思っていないことも共通しています。

1年以内に頭痛を経験した成人2,466人を調査したところ、約半数の人がヘルスケアの専門家に相談していないことがわかりました。また、ヘルスケアの専門家に相談した人のうち、病院に行ったのは27%で、薬剤師に相談した人が8%いました。なぜ医師に相談しないかというと、副鼻腔炎だと考えていたり、月経時に頭痛があるのは女性なら普通のことと考えているからです。英国では、女性の片頭痛について多くの情報が提供されています。例えば、片頭痛の治療などの研究を助成している民間の慈善団体“ミグレイン・トラスト(The Migraine Trust)” や、片頭痛患者さんの支援を行っている民間の慈善団体“ミグレイン・アクション(Migraine Action)”は、webサイトや書籍によって片頭痛の患者さんに治療方法や上手な病院のかかりかたなどについて解説したり、さまざまなテーマの片頭痛教室を開いて片頭痛について学ぶ機会を提供したりしています。日本にも、片頭痛について学べるwebサイト(本ウェブサイトや日本頭痛協会等)があると思いますので、もし頭痛に悩んでいるのであれば、インターネットを活用して欲しいと思います。

片頭痛についての情報提供サイト(英国)

生理と頭痛について女性専門医からアドバイス
ページトップ
ずつうワンポイント まずは安心して相談できるお医者さんを探しましょう。

頭痛のお悩みは、お医者さんに相談!

頭痛で病院なんて大げさ...。そんなふうに考えて、つらい頭痛と長い間つきあい続けていませんか?頭痛も、原因のある病気のひとつ。お医者さんに相談することで、適切な治療を行うことができるんです。

頭痛診療に力をいれている病医院があります。

あなたの街の頭痛診療に力を入れている医療機関をご案内しています。お近くの病医院を検索チェック!

どこでも買える市販薬と病院で処方される薬は違います。

病院で処方される薬には、鎮痛薬の他に、頭痛を起こりにくくする予防薬や片頭痛専門の治療薬があります。市販薬には鎮痛薬しかありません。

病医院の検索はこちら

相談のしかたを、お医者さんに聞いてみよう!

頭痛について、失敗しないお医者さんへの相談のしかたを聞いてみました。

詳しくはこちら
ページトップ