頭痛について失敗しない医師へのご相談

頭痛について失敗しない医師へのご相談

頭痛について、失敗しない医師への相談のしかたを聞いてみましょう。

「頭痛で診療を受けたけれど、よくならない‥‥」「病院で処方された薬が、効かない気がする‥‥」もしかしたら、あなたの頭痛についてお医者さんにうまく伝わっていないのかもしれません。例えば片頭痛の場合、患者の7割が当初誤った診断を受けているというデータも!
(Tatsuoka Y. Headache Care, vol2,No3 145-149 2005)
そこで頭痛専門ドクターに、適切な診療を受けて快適な生活を取り戻すためのポイントをうかがいました。

坂井 文彦 先生
ぼくたちが聞いてきたよ!

話しをうかがったドクター

坂井 文彦 先生
埼玉国際頭痛センター長

前編:頭痛治療の第一歩は、正しい診断から!
後編:診察の流れをシミュレーション

どんな流れで診断するの?診断までをシュミレーション

お医者さんに伝えるポイントは、よくわかりました!実際の診療では、どんなことが行われるんですか?
では頭痛の原因を診断するまでの、一般的な受診の流れをご説明しましょう。
  1. [1]基本的な問診

    まずは問診です。先ほどの6つのポイントをお話しいただくことで、まずは大きく「慢性頭痛」なのか、「他の病気による頭痛」なのかを判断します。

  2. [2]精密検査

    もし他の病気、特に脳腫瘍や脳出血といった危険な頭痛であると思われる場合には、CT、MRIなどの精密検査を行います。

  3. [3]慢性頭痛のタイプを診断

    問診で慢性頭痛の可能性が高いと判断した場合は、さらに症状をよく伺って、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」のどのタイプなのかを診断します。このとき大いに役立つのが、いつから、どんな頭痛が、どれくらい多く繰り返すかといった頭痛情報です。

  4. [4]治療薬の選択

    頭痛のタイプを判断したら、その結果をもとに、患者さんに合った治療薬を検討します。

このフローはあくまで一般的なものですので、症状や医師の判断によって多少変わる場合があります。また、1度の受診で診断できない場合もあります。2度目の診察までの経過を頭痛ダイアリーにつけておくと役立ちます。

ひとつひとつ、いろんな可能性を診断していくんですね。

一番重要なのは、やはり問診ですね。「頭痛は病気ではない」とし、十分な問診も行わずに鎮痛剤だけを処方するような病院であれば、別の医師に診てもらうことをお勧めします。

お話を伺って…

頭痛に詳しい病院を選ぶこと、はじめに原因を正しく診断してもらうこと、そのためには症状をきちんと伝えることが重要だとわかりました!

片頭痛や群発頭痛の治療に関しては、こちらでも詳しく参考にしていますので、参考にしてみてください。

片頭痛の治療

片頭痛(偏頭痛)の治療の考え方は、大きく2つに分けられます。

群発頭痛の治療

群発頭痛の治療についてです。群発頭痛発作の急性期治療にはトリプタンの皮下注射と酸素吸入です。

頭痛体操

「坂井文彦の頭痛の種明かし」よりhttp://www.mdsakai.jp/

坂井先生が提唱している「頭痛体操」も、片頭痛の慢性化防止に効果的とのことです。おためしくださいね。

前編:頭痛治療の第一歩は、正しい診断から!
ページトップ
ずつうワンポイント まずは安心して相談できるお医者さんを探しましょう。

頭痛のお悩みは、お医者さんに相談!

頭痛で病院なんて大げさ...。そんなふうに考えて、つらい頭痛と長い間つきあい続けていませんか?頭痛も、原因のある病気のひとつ。お医者さんに相談することで、適切な治療を行うことができるんです。

頭痛診療に力をいれている病医院があります。

あなたの街の頭痛診療に力を入れている医療機関をご案内しています。お近くの病医院を検索チェック!

どこでも買える市販薬と病院で処方される薬は違います。

病院で処方される薬には、鎮痛薬の他に、頭痛を起こりにくくする予防薬や片頭痛専門の治療薬があります。市販薬には鎮痛薬しかありません。

病医院の検索はこちら

相談のしかたを、お医者さんに聞いてみよう!

頭痛について、失敗しないお医者さんへの相談のしかたを聞いてみました。

詳しくはこちら
ページトップ