ずつうタイプスクリーニングテスト

ずつうタイプスクリーニングテスト

悩みの解消は、自分の頭痛タイプを知ることから始まります。

頭痛の症状を思い出して診断してみましょう。

「頭痛」と一言でいっても、日常的に起こる頭痛から脳に病気があり検査が必要な頭痛まで、頭痛の原因、種類にはいろいろ。ご自身の症状を思い出してチェックしてみましょう。

監修:富士通クリニック 頭痛外来 五十嵐久佳 先生

普段起こる頭痛

風邪、二日酔いなどが原因の頭痛です。これは本人も頭痛の原因がわかりやすく、原因が無くなれば症状が治まる頭痛です。「病気」というほどではない頭痛です。

脳の病気による頭痛

脳腫瘍やクモ膜下出血など、脳の病気が原因の頭痛です。このような「脳の疾患による頭痛」はMRI(磁気共鳴画像)やCTスキャン(コンピューター断層撮影法)といった検査で診断ができます。

こんな頭痛があったら要注意

慢性頭痛

繰り返し起こる強い頭痛に悩まされるが、はっきりした原因、異常が見つからない頭痛です。いわゆる「頭痛持ち」を自認している方々で、非常に多くの人が慢性頭痛に悩まされています。これまでは、慢性頭痛は痛みの原因などの究明が進んでおらず、適切な治療法も行われてきませんでした。慢性頭痛は、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。これら3タイプの頭痛は、それぞれ立派に「1つの疾患(病気)」としての症状を持ち、普段の生活に支障をきたすことがあります。

片側または両側がズキズキ痛むなら・・・・片頭痛かも?


頭痛の片側、または両側に、ズキンズキンとする痛みが起こります。吐き気がしたり、光をまぶしく感じたり、音に敏感になるなどの症状を伴い、女性に多い頭痛です。

頭の全体が締め付けられるように痛むなら・・・・緊張型頭痛かも?


長時間に及ぶデスクワークによる頭部の緊張や、精神的なストレスで起こる頭痛です。頭全体がギューッと締め付けられるような痛みを伴います。

睡眠中などに、眼の奥が激しく痛むなら・・・・群発頭痛かも?


1年の決まった時期、毎日の決まった時間帯に、目の奥に起こり、えぐられるような、何かで突き刺さるような激しい痛みが起こる頭痛です。

頭痛インパクト
チェック


HIT-6は、頭痛診断に必要な6つの質問項目をチェックすることにより、頭痛による日常生活への支障度を簡単にかつ客観的に数値で知ることができます。

ページトップ
ずつうワンポイント まずは安心して相談できるお医者さんを探しましょう。

頭痛のお悩みは、お医者さんに相談!

頭痛で病院なんて大げさ...。そんなふうに考えて、つらい頭痛と長い間つきあい続けていませんか?頭痛も、原因のある病気のひとつ。お医者さんに相談することで、適切な治療を行うことができるんです。

頭痛診療に力をいれている病医院があります。

あなたの街の頭痛診療に力を入れている医療機関をご案内しています。お近くの病医院を検索チェック!

どこでも買える市販薬と病院で処方される薬は違います。

病院で処方される薬には、鎮痛薬の他に、頭痛を起こりにくくする予防薬や片頭痛専門の治療薬があります。市販薬には鎮痛薬しかありません。

病医院の検索はこちら

相談のしかたを、お医者さんに聞いてみよう!

頭痛について、失敗しないお医者さんへの相談のしかたを聞いてみました。

詳しくはこちら
ページトップ